金属ブレスや革ベルトそして風防ガラスのお手入れ

金属ブレスや革ベルトそして風防ガラスのお手入れ

機械式時計を利用して、一番消耗する部分は金属ブレスです。とりわけいつも時計を巻いている方の消耗のスピードも早いでしょう。汚れる原因として挙げることができるのは、手の汗であるとかタバコの煙です。タオル等は用いずに、ソフトなウェットティッシュを有効に活用する事により効率的に汚れが除去でき、本体に対して傷を付けるおそれもありません。防水スタイルであれば水洗いをすることを通しても汚れが落とせますから楽々メンテができます。また、革ベルトに関しては汗が一番染み込みやすい部位ですので、常日頃のメンテナンスが肝要になってきます。汚れた状態がそれほどまで酷くないケースでは布を利用することによって拭うだけで良いですが、汚れた状態が酷い場合クレンジングオイルを介してのメンテナンスがお勧めです。さらに、風防ガラスに関しても常日頃から布によって拭き、汚れが溜まりやすいフチの所はハブラシを活用して綺麗にしましょう。プラスティックの風防を活用している人でしたら研磨剤を活用して本体を磨くことを通じて、傷が目に付かなくしてくれる有効性もあります。

手入れ時のシールの取り扱いについて

機械式時計の手入れをするにあたって悩みを抱える事が多いポイントに、裏面に付いているシールを剥きとって手入れをするかどうかがあります。これについては、きちんと汚れをとりたいならシールを剥きとるほうが確実です。手を使って強引に剥がすと時計本体が傷ついてしまうかもしれませんので、市販されているシール剥がしを有効に活用すると賢明でしょう。機械式時計の大半は金属でできていますから、錆びを抑制したいならスタートからシールを用いない事も検討すると良いでしょう。

ウブロは1980年にバーゼルデビューした、スイスの高級時計メーカーです。金やステンレスのケースとラバーのベルトを組み合わせたデザインが特徴的です。