長く楽しむために!アンティーク家具のお手入れ方法

長く楽しむために!アンティーク家具のお手入れ方法

日常的なお手入れ方法は

長く使い込むほどに魅力が増すのが、アンティーク家具です。ただ、使い方やお手入れ方法に問題があれば価値が下がってしまう可能性があります。日常的なお手入れで気をつけておきたいのが、水分です。アンティーク家具は無垢材で作られていることが多く、水分が多く含まれた布で拭くと傷んでしまう原因となってしまいます。そのため、埃が気になるのであれば乾拭きかよく絞った雑巾で表面を優しく拭くようにしていくことがおすすめです。水などをこぼした場合は、素早く拭き取っておくことも大切です。

ワックスによるお手入れも

アンティーク家具を良い状態に保つためにしておきたいことが、2ヶ月から3ヶ月に1回程度のペースでのワックスがけです。ワックスは、アンティーク家具が作られた当時から使われている天然蜜蝋を選ぶようにすることで、独特の風合いを損ねることなくお手入れをすることができます。ただ、蜜蝋というのは水分や熱に弱いという特徴があります。そのため、テーブルのように熱や水の影響を受けやすい家具の場合は、蜜蝋にこだわるよりも使われている素材に合わせたワックスを選ぶ方が良いでしょう。

素材によっては設置場所も大切

木材の中には、湿気の多い場所に置いておくと変形してしまう可能性があるものもあります。湿気などに弱い素材のアンティーク家具を良い状態に保つためには、高温多湿になる場所を避けて設置することも大切です。置いていて反りなどが目立つようになってきたら、湿度を調節するか置き場所を変えてみる方が良いでしょう。

必要不可欠ではないけれども、あれば暮らしが豊かになる。それがアンティーク家具の醍醐味です。年月を経てきた包容力に癒されて。